ひがし在宅クリニック|札幌で内科の在宅医療・訪問診療・往診なら、札幌のひがし在宅クリニック

訪問診療のひがし在宅クリニック

在宅医療とは(ひがし在宅クリニックの在宅医療)

在宅医療とは、医師が通院困難な患者様のご自宅にお伺いする往診と訪問診療、看護師がお伺いする訪問看護、作業・理学療法士が行う訪問リハビリテーション、歯科医師が行う訪問歯科診療等がありますが、ひがし在宅クリニックでは、札幌で在宅医療のなかの訪問診療を行っています。

在宅医療はこのような患者様におすすめ

在宅医療は、身体的にいろいろな理由で通院が困難な方、住み慣れた環境の中で、家族に囲まれて余生を過ごしたいと考えている方に寄り添っていきます。
従って、自宅で高度な救命救急は望まず、疼痛、全身の倦怠感など不快な症状を取り除いてくれればよいと思っていらっしゃる患者様、高齢者あるいは障がい者の施設を、自宅の延長として終の住み家とお考えの方などにお勧めの医療の在り方の一つと考えております。

ひがし在宅クリニックの在宅医療はこのような患者様におすすめ
  • 癌で在宅療養が必要になった
  • 脳梗塞で身体が不自由になり外出できなくなった
  • 認知症になり在宅医療が必要になった
  • リウマチで外出が困難になった
  • 酸素吸入、人工呼吸療法が必要になった
  • 在宅で継続的に点滴(栄養補助)が必要になった
  • 持続導尿や人工肛門(排泄補助)の
    処置が必要になった
  • など・・・

その他、身体的にいろいろな理由で通院が困難な方(札幌で在宅医療・訪問診療が必要な方)は、お問い合わせ下さい。

ひがし在宅クリニックの訪問診療

ひがし在宅クリニックでは、札幌で在宅医療の中の訪問診療を中心に行っています。
訪問診療とは、あらかじめ訪問日を決めて月2回〜4回程度定期的にご自宅を訪問して、診察、薬の処方、療養指導などを行うものです。
今後、ひがし在宅クリニックは、札幌の在宅療養支援診療所として、近隣の医療機関、在宅看護、介護支援事業所、行政などと綿密な連携を取りながら、地域医療に少しでも貢献できますよう日々努めてまいります。

ひがし在宅クリニックの訪問診療

往診とは(ひがし在宅クリニックの往診)・・・

往診とは、緊急時、急変時に患者さんや家族の要望で不定期に家に伺って診療を行う在宅医療のことをいいます。
札幌のひがし在宅クリニックの往診は、当クリニックで訪問診療を行っている患者様を中心に行っています。

訪問診療の診察の流れ・・・


ひがし在宅クリニックの訪問診療の診察の流れ

ページトップへ